iPhone・Android・iPad 車内で修理します! ご予約はこちら

iPhone、Androidが水没した場合の対応方法

スマホが水没しても、故障せずに使えることがありますが、その後突然故障することもあります。
時間差での故障を防ぐためには、適切な対応が重要です。
ここでは、水没後も無事だったスマホのその後の対応について解説します。

目次

水没した直後の対応

電源を切る

水没直後にまずやるべきことは、iPhoneの電源を切ることです。
電源が入ったままだと内部でショートする可能性があります。

外部を乾かす

柔らかい布でiPhoneの表面を丁寧に拭いて水分を取り除きます。
またSIMカードトレイを開け、SIMカードを取り出して乾かします。

乾燥剤と一緒に保管

スマホを乾燥剤と一緒にジップロックなどの密閉袋に入れ、最低でも48時間乾燥させます。

リスクと予防策

水没したiPhone、Androidスマホをそのまま使い続けると、突然動かなくなる可能性があります。部品の腐食やショートが原因で修理困難になり、大切なデータが失われることもあります。そのため、水没後の適切な対応が不可欠です。

水没した際には、上記の対応を迅速に行い、故障のリスクを最小限に抑えましょう。

また水没してしまった時は弊社までご連絡いただければすぐ駆けつけますのでいつでもご利用ください。

ご予約はこちらから

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次